【比較】仕事やめる?両立?@妊活アドバイザーに相談

【比較】仕事やめる?両立?@妊活アドバイザーに相談

私は30歳で結婚し、
そのまま正社員として残業や休日出勤の多い仕事を続けていました。
新婚当初からいつ妊娠してもいいとは思っていたのですが、
生理のサイクルや排卵日の知識もないままで、
避妊しないだけでは赤ちゃんはできないんだなあと思いながらもそのまま1年が過ぎました。

 

仕事も楽しかったし、まだしばらくは夫婦二人の時間を過ごして
外食や旅行を楽しみたいという気持ちもありました。

 

でも、そんなある日、とても仲の良かった職場の先輩が退職することになりました。
誰からも一目置かれるようなキャリアウーマンの彼女が仕事を辞めるなんて
よっぽどの事情だとは思っていたのですが、仕事帰りに二人で送別ディナーをした際に、
妊活のために仕事を辞めるんだと聞きました。

 

結婚して5年以上経っても妊娠できず、妊活アドバイザーに相談。
夫婦で話し合って37歳から不妊治療を始めたそうです。
治療費は高額でもあり、彼女が働き続けた方が経済的によいだろうということで仕事を辞めずに来たけれど、
ホルモンバランスが乱れて体調も崩れているし、何より今は妊娠が最優先だから生活のペースを見直したいということでした。

 

バリバリ働いていたので、仕事でのストレスも溜まっていたのでしょう。
先輩は「葉酸サプリ」「運動」「食生活」を心がけていました。

 

そして、「あなたも、子供が欲しいなら早めに妊活した方がいいわよ。
年をとってからだと希望もどんどん少なくなるから」と真剣に諭されました。

 

私もいずれは母親に・・・と思っていたので、夫に相談し、
本やネットできちんと妊娠の仕組みを調べ、婦人体温計を買って基礎体温をつけ始めました。

 

妊娠したい!と思ってからは体温の上昇下降に一喜一憂、
毎月生理日前になるとドキドキワクワク、そして結果を見て撃沈の繰り返しでした。

 

最初の数ヶ月は「まあすぐには妊娠しないだろう」と気楽に構えていましたが、
半年が経つとだんだん悲壮感が漂ってきました。
私はすぐにのめり込むタイプなので、生理がくるたびにガックリ落ち込んで、旦那を困らせました。
結果として9ヶ月目に妊娠することができたのですが、もし自分が仕事をしていなかったら、
毎日朝から晩まで妊娠のことばかり考えてしまっていたと思います。

 

ちなみに、退職した先輩も、私より3ヶ月先にママになりました。
やっと安定期を過ぎたから、と連絡をもらった時に、私も妊娠の報告をして、二人でともに喜びました。
仕事を続けるのも辞めるのも、どちらが正解ということはないのだと思いますが、
自分の性格や体調を考えて選択できたらいいなと考えています。

おすすめ記事


⇒葉酸サプリ人気ランキングはこちら


⇒妊活口コミブログまとめ完全版!!【基礎体温~不妊治療まで】